留学してグローバルな人になろう|スピードラーニングで簡単レッスン

勉強する男性

専門知識が詰まった資格

2人の女性

日本語教育能力検定をご存知でしょうか。これは日本人なら習得しておきたい検定の一つであり、習得していることで周りからも一目置かれる存在となるでしょう。特に、日本語教師を目指しているのであれば、ぜひ習得すべきです。応募に必須となるわけではありませんが、学校の中には日本語教育能力検定の取得を絶対条件としている場合もあるのです。正しく、綺麗な日本語が読み書きできるようになるので、日本を愛する人にはおすすめです。しかし、取得までの道のりは決して簡単ではありません。その合格率は20パーセントとなっています。また、合格ラインも高く、最低でも75パーセント以上が必要となるでしょう。専門のスクールに通うという方法もありますが、ネット上では独学で学ぶ方法も多く紹介されています。お金を払ってスクールで勉強したからと言って、合格率が高まるとは限りません。要はやる気の問題でもあるので、誰にも負けないやる気があるなら独学でも可能なのです。

日本語教育能力検定を取得している事で、日本語教育におけるスペシャリストとして扱ってもらえます。同じ教師でも、取得しているのとしていないのでは実績も大きく変わってくるでしょう。主に、日本語教師を目指している人が受ける傾向がありますが、受験資格もないので興味があるなら誰でも対象となります。日本語教育能力検定と言っても、日本だけでなく世界との関わりも出題されるでしょう。異文化間教育など、日本と世界を絡めながらの勉強が必要となるはずです。